屋上防水の下地処理は作業の流れを把握してから始めよう

下地処理で左右される?防水工事を行なう際に大事な工程 下地処理で左右される?防水工事を行なう際に大事な工程

下地処理の手順

:作業員

屋上防水のメンテナンスにおける下地処理はどのように進むのか、基本的な流れと必要作業を見てみましょう。

下地処理方法の一例

下地を剥がす

既存目地材が露出した状態のままでは新しい防水層を作ることができないため、古くなった下地を剥がしていきます。経年劣化した下地をそのまま使い続けるとトラブルの原因になるため、ダメージが見られる部分を取り除いていく行程です。漏水の原因になりやすいドレン廻りはとくに念入りにチェックして、防水性能を高めます。ドレンと防水膜のつなぎ目をどうとるかで排水能力が変わってくるため、経験がものを言う作業となるでしょう。

研磨

紫外線などの熱ダメージがクラックに集中すると、周辺の防水層が傷んでいきます。被害を未然に防ぐため、ひび割れ部分を補修しましょう。クラック周辺をVカットしたりシーリング剤を補充したりするのが主な作業内容で、亀裂から防水機能が損なわれないように対処します。モルタル屋根が部分的に浮き上がっているケースでは、粘着力を高めるためのエボキシ処理を施します。合わせて金属取り合い部の処理を行い、屋根全体の防水性能を高めていきます。

高圧洗浄

補修を行なった後に高圧洗浄、屋根全体をきれいにします。古い塗料をそのまま放置していると新しい塗料がなじまないので、下地処理の重要な行程です。また、施行中に大量の水が屋根の隙間に入り込んでしまうと、雨漏りなどの原因になります。正しく高圧洗浄機を扱える業者に依頼して、安全面に配慮した作業を意識しましょう。合わせて屋上防水下地の強度に問題がないか確かめて、必要な場合は活性処理を行ないます。凹凸が見られて、強度に不安を感じる場合も同様です。

TOPボタン